1. HOME
  2. 作家演者団体紹介
  3. 博多人形

博多人形

博多人形師

中村 弘峰

1986年福岡市生まれ。福岡に工房を構える中村人形の四代目。「人形とは人の祈りを形にしたもの」を理念としている。自身に「もしも江戸時代の腕の良い人形師が現代にタイムスリップしてきたら?」という設定を課して、過去と現代にまたがる普遍的な主題を見つけ、江戸期の人形技法を応用して人形文化を未来に残すための作品を制作している。粘土の素焼きに彩色をした博多人形をルーツに持つが作品制作において技法や素材はそれだけに留めず、木、紙、布、石、金属など作品に応じて使用する。

 

[経歴]

中村人形 四代目

1986 福岡県福岡市生まれ

2011 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

 

[個展]

2014 「スサノオ〜神々の肖像〜」 ギャラリーマルヒ/東京

2018 「Tiny Spirits」 現代陶芸釉里 /福岡

2018 「MVP(Most Valuable Prayers)」 美術画廊X 日本橋髙島屋/東京

2019 「SUMMER SPIRITS」 POLA MUSEUM ANNEX/東京

 

[受賞]

2013 第60回日本伝統工芸展 初入選 新人賞受賞

2016 第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ コンペティション部門 優秀賞受賞

2021 第55回西部伝統工芸展  日本工芸会賞受賞 他

 

ホームページ

https://www.hiromine-nakamura.jp