伝統の灯を絶やさない。

  1. HOME
  2. 想い

未来へ紡ぐ、匠の技。

西暦797年、続日本紀において「博多大津」という言葉が使われ1200有余年。
九州を代表する商いの町博多は独自の発展を遂げてきました。
その礎を築いてきたこの町ならではの伝統・文化・技巧。
写真家という観点から、博多の粋をお伝えいたします。

伝統の灯を絶やさない。

時は流れ、時代は変わり、様々な価値観が急速に変化しています。
市場の変容、後継者問題。
博多のみならず、日本各地で価値ある伝統技巧がその姿を消していくー。

「伝統の灯を絶やさない。」
博多で生まれ、博多で育ったわたしが、写真家としてできること。
写真を撮り、その作品を、職人の想いを
世界へ届け、次世代へ紡ぐこと。

わたしの写真を通して、わずかでもあなたの心の琴線に触れることができるならー。
そんな想いから、このホームページを立ち上げました。